特定商取引の表記

就職活動・転職活動真っ最中のみなさん。
将来、働きたい会社は決まりましたか?
就職活動を、決して甘く見てはいけません。
はっきり言って、どこの会社に就職するかで、
その後の人生は、180度変わってしまいます。
間違っても、「どこでもいいや」なんて考えたら、人生終了です。

特に、金銭面。

一流企業でなくても、ある程度の会社に就職できれば、
3~8年くらい勤務すれば、年収600万円~800万円に到達でしょう。

万が一、外資金融・テレビ局・広告業界・商社・都銀など、
一流企業に就職することができれば
2~4年目で年収1000万円を超えてきます。
年収1000万円あれば、お金のことを心配することがありません。
一般的な生活の中で、欲しいものは、すべて手に入ります。

ちなみに、金銭面だけではなく、恋愛面も大きく変わってきます。
電通に就職した、僕の同期のS君。
彼は、学生時代まで、ルックスは今いちで、性格も大人しい感じ。
女っけがまるでなく、決してモテる男ではありませんでした。
・・・がしかし、入社して半年も立たないウチに、なんとモデルの彼女をゲット。
出会いは、合コンだったそうです。
企業のブランドは、恐ろしい威力を持っているのです。
また、一流企業でなくても、ある程度の会社に勤めている人は、
合コンなどに誘われる機会も多く、恋愛生活も充実しています。

・・・ところが、逆に、中小企業、中でも、弱小企業に就職してしまうと、
まさに悲劇とも言える人生が待っています。

■適当に就職活動に取り組み、何となく弱小企業に入社を決めた、
僕の知り合いのH君。「どこでも同じだよ。要するに自分次第だし。」と
口癖のように言っていました。彼は、会社のこともよく調べず、就職活動を
していたので、結局誰も知らない名前の会社に就職を決めました。

・・・しかし、いざ入社してみると、社長の横暴が頻発。毎日深夜まで残業。
それでいて、1年目の年収は、わずか250万円。
ついには、週末出勤も与儀なくされてしまったそうです。

苦しみに絶えた結果、1年も立たない内に、転職活動開始。
がしかし、弱小企業の名前はどこに行っても、誰も知らず、逆に
マイナスイメージ。結局、しばらく続けた転職活動は失敗。
今は、レストランでホール・キッチンのアルバイトをしています。
それからすぐ、大学時代から2年間付き合ってきた彼女に別れを
告げられてしまいました。皮肉にも、新しい彼氏は、一流企業の
営業マンだったそうです・・・。

●かたや一方は、毎週合コン。長期休みの度に海外旅行。
買いたいものを好きなだけ買い、食べたいものを好きなだけ食べる。
彼女・彼氏がすぐできて、プライベートも充実。お金に余裕があるから、
結婚後の生活にも経済的な不安を抱える必要はありません。

●そして、かたや一方は、深夜残業・週末出勤の末、年収250万円。
H君のように、最終的にアルバイトに戻る可能性だって十分あります。
そうしたら、彼女を作るどころか、合コンだって一切誘われません。
もしかしたら、一生結婚できないかもしれません。

どうですか?みなさん。
今、この瞬間に就職活動を本気でやるかやらないかで、
今後の人生は、これほどまでに変わってしまうのです。

「今は入れる会社に入って、近い将来、転職すればいいや」なんて考えている人。

人生、そんなに甘くありません。

今、就職活動を本気でやらなかったら、はっきり言って

人生、こけます。

だから、本気になって、目の色変えて、就職活動をしないといけないのです。
何としても、幸せな人生を勝ち取るために。

では、ここで、あなたに質問です。
Q:あなたは、今まで、就職活動について、十分に勉強しましたか?

はい、まあまあ、やっています。
はい、本当に苦しみながらも、自分のやりたいことを探しています。
はい、業界研究を人以上にやっています。○○業界について、かなり詳しいです。
就職活動って、そもそも、あまり勉強するものじゃないと思います。

・・・上のどれかに1つでもチェックが入ってしまった方。
はっきり言いましょう。

甘すぎます。

いいですか、みなさん。

あなたは、今までの人生の中で、就職活動のことを
まっっっっっっっっっっっっっったく勉強してきていないのです。

◆具体的に、こう言えばイメージが湧くでしょうか。

■あなたは、自転車の乗り方を10 年以上も学んできています。
■あなたは、お箸の使い方を、10~20 年以上も学んでいます。
■あなたは、小学1 年生から算数(数学)を習い始めて、15 年以上になります。
■あなたは、中学1 年生から英語を習い始めて、10 以上になります。
■あなたは、人間の道徳について学び始めて、20 年以上になります。

さて、あなたに改めて質問です。
Q:あなたは、今まで、就職活動について、十分に勉強しましたか?
(何年間、就職活動について、学んできましたか?)
⇒長い人でも、数ヶ月。短い人は、実質の学習期間で、数日程度のものでしょう。

いいですか、学生のみなさん。

就職活動は、本屋で購入した本をペラペラ読み、ワークシートを
ちょこっとやって、何人かOB訪問を行い、先輩から面接の秘訣を聞き、
それで、誰でもさくっと内定を出せるような、簡単なものではありません。

すでに数社受けている方であれば、気づいていると思います。

「就職活動って、こんなに大変なんだ・・・と。」

そりゃー、そうですよ。

奥が深く、マスターすることが難しく、競争率が激化しているフィールドで、
今までの人生で、まっっっっっっっっっっっっっったく勉強してこなかったことを
「はい、とりあえずやってみてください!」と言われているのですから。

誤解しないように言っておきますが、決してあなたが悪いのではありません。

日本の教育に問題があるのです。

だって、これから何十年と働こうとしているあなたに、
「仕事」について、日本の教育機関は、何にも教えてこなかったわけですから。

あなたが、数学で学んだ「Y=2(X-5)」は、役に立っていますか?
あなたが、歴史で学んだ「ナクヨ(794)ウグイス平安京。」は役に立っていますか?
あなたが、英語で学んだ「現在完了形」は役に立っていますか?

そんなことより、就職活動の正しいやり方を、教えてほしかったですよね。
私は、就職活動生だったとき、そう思いました。

正しい教育とは、

◆子供達が、一番好きになれる仕事に就けること。
◆子供達が、頑張ったら頑張っただけ、きちんと報われること。
◆子供達が、本当に困ったときに、勇気が湧く方法を教えてあげること。
◆子供達が、「幸せになれる方法」を知ること。

・・・といったことですよね。

だから、中学・高校や大学で「就職活動のやり方」を教育の一環プログラムとして
設けていないことは、日本の教育のいわゆる「歪み」なのです。
本来は、絶対に必要なことだから、きちんと子供達に教えなければいけないことなのです。
できるわけないですよ。何も教わらずに、大きなことを成し遂げるなんて。

⇒とはいえ、中には、いきたい会社に、何社もさくっと内定してしまう人がいますよね。

これ、どういうことだかわかりますか?

これは、今までの人生で、「たまたま」就職活動のやり方についてどこかで聞いているのです。

就職活動のやり方は、大変奥が深く、いわゆる人間学に近い部分を持っています。
面接官の心を動かさないといけないわけですから。

さくっと内定を決めてしまう人は、今までの人生のどこかのタイミングで、
その人間学について、情報を入手しているのです。無意識に。
決して、才能が大きいわけではありません。

就職活動のやり方(人間学)とは、本当に奥が深いです。
きちんと勉強しなければ、絶対にマスターできません。

私の収集したデータでは、きちんと、就職活動のことを理解し、
正しい就職活動を行っている人は、全体のわずか1%程度です。

これは、すなわち、「情報格差」です。

正しいやり方を、知っている人は知っている。知らない人は知らない。

いくら頑張っても、報われない人は報われない。

だって、方向を知らない人は、前に進まなければいけないのに、
後ろへ走っているようなものですから。

かわいそうです。本当に。
就職活動についての、正しい進め方を知らないあなたが。
私は、自分がすごく不器用な人間なので、あなたの気持ちが痛いほどわかります。

助けたい。

そう思い、一致団結した一流企業勤務者(面接官含む)5人が集まり、1つのテキストが作られました。

テキスト作成が着手される前、5人が集まったミーティングで、全員一致で、ある1つの結論に至りました。

申し遅れました。改めまして、こんにちは。
就職活動マスターズスクール、代表の土屋と申します。

私は、某一流大学卒業にも関わらず、1年目の就職活動は50戦50敗。
三流大学で、4社から内定をもらっている友達を横目に、
「学歴って、本当に関係ないんだ・・・。」と
学歴に頼っていた自分が情けなく思えました。

忘れもしないのは、強く志望していた広告代理店の2次面接。
「最後に質問はありますか?」と言った面接官に、思い切って
「今日の私の悪かったところは何ですか?」と、質問。

すると、面接官はニコニコしながら、こう答えました。

「面接で、就職活動に対する一本の筋の通った想いが、感じられなかった。
就職活動、頑張って下さい。」

・・・私はその瞬間、落ちたことを確信しました。

1人になるのが怖くて、家に帰れず、新橋のガードレール下で、
1人泣いていたのを、今も鮮明に覚えています。

その数ヶ月後、友人から、「○○という就職塾があるから入ってみたら?」
と薦められ、藁にもすがる気持ちで、○○の門をたたきました。

・・・そこで、私は驚きました。そこには、私が今まで全く見ることのなかった、
ノウハウ・テクニックがあったのです。
私は、「よし、ここでもう一度鍛え直し、就職活動は、来年もう一回やろう!」
と就職浪人を決めました。

・・・とはいえ、ここからが本当の正念場。

その就職塾は、入塾するのに、12万円もする、
日本でもトップクラスの就職塾です。
外資金融・テレビ局・広告代理店・商社・・・。数々の難関企業へ、内定者を
送り出しています。館長は、就職活動関連で、よくテレビにも出演しています。

しかし、そのような優秀な塾であっても、
「就職活動は、こうすれば受かる。」という
正しいやり方については、教えてくれませんでした。

⇒なぜか?

実は、そんな一流の就職塾にさえ、
「就職活動は、こうすれば受かる。」というはっきりとしたノウハウがないからなのです。

その塾のことは、決して全否定しません。
自己分析を本気で行うことで、「やりたいこと・ビジョン」を明確にする、
といったことを徹底してやらせてくれました。とても大事なことでした。
毎日少しずつ、前に進んでいる感じがしました。

しかし、私は、2年目の就職活動を迎えた12月、
正直、面接やエントリーシートで何を言うか、全く決まっていませんでした。

1月、2月・・・。

去年と同じように、不合格の通知が届き始め、不安と焦りが大きくなってきました。

「また、今年もどこも受からないかもしれない・・・。」
そう思いました。

そして、運悪くも、早い段階で、第一志望の企業面接が始まろうとしていました。

私は、いても立ってもいられなくなり、気がついたら、就職塾の館内にいました。

・・・と、そこで、私は偶然にも、ある1人の学生M君に出会いました。

M君に就職活動について聞いてみると、
なんと現在持っている内定数は、現状7個。

外資コンサル、大手広告代理店、総合商社、・・・etc。
その中でも、大手広告代理店については、同期の中で、トップ内定。
人事に「君が1番でした」と言われたそうです。

内定できる彼のような人間は、何社も内定する。

内定できない私のような人間は、1社も内定できない。

・・・これは、明らかに何か秘密がありますよね。

「M君、なんでそんなに内定できるの?大学時代、何をやってきたの?」
と、私は尋ねてみました。

すると、彼は、

と答えました。

私「え?そうなの??」

M君「うん。今、面接の中で、どんな話をしている?」

私「大学時代、ダンスをやってきた話とかだよ。」

M君「それをどんな風に話しているか、ちょっと言ってみて。」

私「私は、大学時代、ダンスサークルで、ダンスをやってきました。
私は○○な人間で・・・。」

M君「ダメだね。もういいよ。話さなくて。それじゃー、どこも受からないよ。」

私「え!?そんな・・・・。」

M君「まー、隠してもしょうがないし、秘密を教えてあげるよ。」

私「どういうこと??」

M君

私「え!?そうなの!?」

M君「そう。面接では、○○を言えばいいんだよ。俺だって、大学時代に
大した経験なんかしてない。けど、俺は、他のほとんどの学生が話せてない
○○が話せているんだ。面接官が話して欲しいのは○○。
だからこんなにも、内定できるの。」

私「えーーーー!?」

M君「わかった。じゃー、どうやって○○を言うか、教えてあげるよ。
××と言った後に、▲▲って言うんだよ。それで○○を話す。
そうすれば、大体は内定できるよ。全部、ぱくってやってみて。」

・・・衝撃でした。

私は、その後、M君に言われた通りに面接の内容を変更し、
M君の模擬面接をやってもらいました。
初めの内は、「んー、それは言わない方がいいな。」と言われることも
ありましたが、何度かやり直している内に、

最後、M君が一言。

「大丈夫。これで受かるよ。」

そして、迎えた第一志望の面接。

M君に言われた通りのことを、面接で話すと、面白いように、
面接が進み、最終面接を迎えました。

そして、のどから手が出るほど欲しかった一言。

「内定です。一緒に働こう」。

人事に目の前で言われました。

私は、2年間の苦しみが走馬灯のように頭の中を駆け巡り、
それがこの瞬間に終わったかと思ったら、思わず号泣してしまいました。
急いで実家に電話をかけ、母親に「内定した!」と伝えたとき、
今まで私に一度も嬉し涙を見せたことのなかった母親も、号泣していました。

私は、その後も、念のため、自分自身のために就職活動を続け、
結果は、20戦6勝。
しかし、結局は、第一志望の企業へと就職を決めました。

1年目の自分には、わかりませんでした。
何を話せば受かるのか、ということが。
「なんで企業は、俺のことわかってくれないんだ・・・。」

そんなスーパー高飛車目線でした。

けど、今考えれば、当たり前です。

だって、面接官に、話さなければいけないことを話していないのですから。

M君に出会えて、本当に良かった。

私は、本当にラッキーです。強運の持ち主です。幸せ者です。

しかし、一方で、あなたは、本当に残念です。
M君のような人物に出会えていないのですから。
可哀想で仕方ありません。

私はM君と出会えて、あなたは出会えない。

これこそ、私が最初に言った、
「情報格差」というものです。

就職活動のやり方を、知っている人は知っている。知らない人は、知らない。
・・・そんなバカなことが、世の中に起きていいのでしょうか。

はっきり言って、

就職留年や休職期間など、就職活動テクニックをマスターできれば、
全くハンデになりません。

⇒私の友人で、3 回就職留年して、最後、第一志望に内定した人もいます。3年フリーターをやった後、第一志望に内定した人もいます。

学歴だって、スポーツ歴だって、就職活動テクニックをマスターできれば、
全くハンデになりません。

⇒一流企業に、三流大学出身者は、腐るほどいます。高卒で、大卒より大活躍している人も腐るほどいます。

「大学時代●●大会で優勝したとか、前の会社でMVPを取ったとか、自分にはすごい経験なんてない」
という人だって、就職活動テクニックをマスターできれば、全くハンデになりません。

⇒私の友人で、「私は‘立ち読み’なら誰にも負けません」という自己PRで
電通に内定した人がいます。

大丈夫。留年とか、学歴とか、経験とか、あまり関係ありませんから。

それでは、ここで、あなたに、
M君から教えてもらったテクニックを1 つだけ公開しましょう。

●「行動⇒思考⇒行動」というサイクルを、イメージが湧くように話す。

まず、私の就職活動1年目、失敗した年に話していた面接官とのやりとりです。

⇒こんなにぶっきらぼうには言っていませんが、内容は、これに近いことを
言っていました。私は、これでも、自己分析したつもりでいたのです。
自分のノートに、大学時代頑張ったことを数個書きだして、それに対して、
「なぜ?」という質問をぶつけて。ダンスをやった理由は、「目立ちたかったから」。
それでいいと思っていました。

そして、これが、私が2年目に話していた、面接官とのやりとりです。

■明らかに変わりましたよね。具体的に、何が変わったのだと思いますか?

1年目の話の内容を、単純なロジックにすると、

となっていますよね。

一方、2年目は、

となっています。

人間は、きっかけがないと思考を起こさない前提があります。
ですから、話のスタートはいつも「行動」になります。

つまり、面接官とのやりとりは、エピソードから話し始めるのです。

※ここでの行動とは、もちろん、能動的だけではなく、受動的な
意味合いも含んでいます。たとえば「見た」「聞いた」「出会った」など。
私もそうです。ダンスができる友達と、偶然「出会い」、その姿を「見た」のです。

学生にしろ、転職者にしろ、多くの人は、この一番初めの「行動」を話すところができていません。
私のように、「なぜですか?」と聞かれて、「目立ちたかったからです。(思考)」
といった具合で終わってしまっているのです。

例えば、
「限界まで挑戦したかったからです!」
「無限の可能性を感じてみたかったからです!」
などなど。

「イメージが湧くように、行動⇒思考⇒行動の順を追って話す。」

⇒非常に大事なテクニックです。
私の例で言うと、明らかに、1年目より2年目の方が、具体的に
イメージが湧きますよね。「あー、そんな体育館の風景ありそうだね。」
となりますよね。それが大事なことです。

就職・転職活動でよく耳にする「自己分析」とは、
『思考』→『行動』→『思考』→『行動』というサイクルの中での
『思考』と『行動』両方について、時系列順に、具体的に、
【思い出していくこと】なのです。

それができると、イメージが湧くように話せるようになります。

就職・転職活動は、「自分ストーリーを作りあげること。」と言ったりします。

●「行動⇒思考⇒行動」というサイクルを、イメージが湧くように話す。
ということが、「自分ストーリーを話す」ということなのです。

⇒いかがですか?みなさん。

就職活動について、少し先が見えましたか?

しかし、私がM君から、1番初めに聞いた内容は、
残念ながら、今お話したテクニックではありません。

先ほど話した例は、言ってみれば、進むべき方向を少しだけ示したもの。
M君の内容を、発展させたテクニックです。

今回、私たち就職活動マスターズスクールの人間は
全98ページにわたり、就職活動完全攻略マニュアルを完成させました。
最も重要なテクニックは、その中に書かれています。

就職活動完全攻略マニュアルには、次のようなことが書かれています。

▼やることは4つ
▼夢の分類
▼夢を描くときに心がけること
▼夢とは、ある日、ある瞬間、突然、形になる
▼自己分析
▼自分と向き合う
▼企業から必要とされる人
▼ストーリー(自分物語)作り
▼自己紹介と志望動機をつなげる
▼面接官とコアで共感を生む
▼「行動⇒欲求⇒行動⇒思考⇒欲求」という順
▼エピソード=具体的に
▼きちんと説明する
▼ビジョン研究
▼突っ込み合い
▼模擬面接
▼書き出す
▼ビジュアル
▼ギャップ
▼悔いなき人生を

私たち就職活動マスターズスクールの人間は、
何年もかけ、何度も定例ミーティングを行い、このテキストを完成させました。
血の滲むような努力がありました。
しかし、あなたのような、心底困っている人間を、どうしても助けたいという
気持ちが勇気をくれたのです。

はっきり言って、どこの就職活動対策本より、本質的なことが書いてあります。

間違いなく、就職活動のテキストとして、活躍してくれることでしょう。

この情報格差のある就職活動状況において、
このテキストは、確実に10万円以上の稀少価値を持っています。

ですから、本来は、10万円でご提供したいところです。
本来は、ご両親が、教育の一環として、高校・大学の入学金だけではなく、
こういった教育にとって、本質的に必要なテキストに費やすことで、
我が子へのご投資を頂きたいところ。
本当に必要なのは、学校では教えてくれないことなのですから。

・・・しかし、私は、そこまで強気になれません。

⇒だって、結局、あなたのお小遣いから出すのでしょう?

この本は、金銭的な余裕がない人も含め、できる限り多くの人に読んで欲しい。

ですから、今回は、転職者だけでなく、学生にとっても無理のない価格で、ご提供することを決定しました。

今まで、このテキストが完成されるまでに費やされたコストや広告費を考えると
ぎりぎりまで抑えています。

そして、さらに今回、キャンペーンを行うことが決定しました。

11月9日~11月30日にご購入された方は、

お申込みはコチラ ※ダウンロード版 98ページ

で販売致します。

就職活動マスターズスクールでは、不定期ですがセミナーを開催しています。
ご購入者の方は、無料でそのセミナーに参加することができます。
私たちは、そこで出会った人達と一緒に就職・転職活動を進めることを推進しています。
一緒に頑張って・支え合っていける仲間や、将来へとつながる大きな人脈がきっと見つかるはずです。

他の就職活動本には、絶対に書いていない、極めて内容の濃い
A4サイズで、98ページにも及ぶ、「就職活動完全攻略マニュアル」。
しかし、私たちは、これで十分だとは思っていません。
まだまだ、より完成度の高い、日本一のテキストを目指していくつもりです。
よって、定期的に、就職活動完全攻略マニュアルはリニューアルします。
ご購入された方には、テキストがアップグレードしていく度に、
無料で差し上げます。これにより、世の中の情勢に合わせた、
最新の、正しい就職活動対策を行っていくことができます。

11月9日~11月30日にご購入された方は、

で販売致します。

※ダウンロード版 98ページ

お申込みはコチラ

余談になりますが、本来は、お金は、遊ぶためだけではなく、
「自分への投資」としても使うべきです。
資格のために勉強、スキルアップ、本の購入、セミナーへの参加・・・など
今は投資を行い、将来に安定した収入を得る、という考え方です。

業界人、トップ営業マン、自己啓発セミナーの講師、著名作者・・・。

成功者は皆、口を揃えて、「自分に投資しなさい」という言葉を発します。

PHP新書で「女性の品格」を出版した、坂東氏も、本の中で
「年収の10%は、自己投資に使え」と言っています。
(『年収の10%投資』は、有名な話です。)

⇒年収800万円の人だったら、年間80万円。
80万円分の本を買うとしたら、1 冊1000円だとして、800冊です。
毎日2~3冊買え、ということです。

年収10%は、さすがに私もできていませんが、
営業やマネジメントのための、スキルアップセミナー・スキルアップ本、その他、
e-book など(就職活動活動完全攻略マニュアルのようにインターネット上で扱われている本)
自分を大きくするためには、かなりのお金を費やしています。

あなたも、絶対に自己投資を考えるべきです。学生であろうと、社会人であろうと。

⇒近い将来、何倍・何十倍にもなって、自分に返ってくるのですから。

◆私は、このテキストであれば、絶対にあなたを内定させられる、と信じています。
◆日本の教育を変えられると信じています。
◆あなたの人生を変えられると信じています。

冗談ではありません。本気です。私は、このテキストに命をかけています。

しかし、ここで条件があります。
「就職活動完全マニュアル」を1回読めば、猫でも、犬でも、どんな人でも
必ず内定できるかというと残念ながら、そんなことはありません。
実は以下の条件があります。

このテキストを徹底的に読み直し、完全に理解しようと努める人。
自己分析や業界研究など、一定の作業を続けられる人。
就職活動・転職活動に本気になると、今ここで誓える人。
腹の底から、内定を勝ち取りたいと、強く願える人。
絶対に輝く未来を勝ち取るんだ!と強く望める人。

⇒要するに、本気の人だけ可。ということです。

中途半端にこのテキストをパラパラ読み、つまらないから一度読んでポイする、
という人は、

ご購入頂かなくて結構です。

私は、そんな人のためにこのテキストを作ったわけではありません。

本当に困っている人、頑張っているけど結果が出ない人を、
全身全霊を込めて、命をかけて応援する。幸せへの後押しをする。

それが、私の考え方です。

逆に、今この瞬間に、「よし、本気になって見せる!今、この瞬間に変わる!」
と心に誓えた方。

このテキストによって、絶対に内定できます。

絶対力になってみせます。

想像してみて下さい。

第一志望の人事から、「内定です。一緒に働きましょう!」と言われた瞬間を。
あなたが、その会社でバリバリ活躍し、年収1000万円を超える瞬間を。
あなたが、その会社で、一生安定した生活ができることを。
あなたが、その会社を通じて成長し、もっとレベルの高い会社にヘッドハンティングされる瞬間を。
あなたが嫌なら、途中でその会社を辞めることができる。今度は、その選択肢があなたにあることを。
あなたが、その会社で、かけがえのない大事な仲間ができることを。
あなたが、その会社で運命の人と巡り合い、結婚し、幸せな家庭を持つ時を。
あなたが、その会社で、本当の幸せの意味を知ることを。

あなたが、このテキストで、夢と希望をつかみとることを
心より、願っています。

私たちは、最後まで、あなたを応援し続けます。

あなたの未来に、光を。

【実際に読んだ人の感想】

『第一志望GET!!』

明治学院大学 法学部 4 年 K君

よく就職活動の対策本には、
「やりたいことを見つけろ!」といったことが書いてあります。
もちろん、それはそれで非常に大切なことだと思うのですが、
私たち学生が本当に知りたいのは、実は、「どうすれば受かるか」なんですよ。
だって、企業のことや社会のこともよくわからないのに、いきなり
「やりたいことを見つけろ!」って、それができなくて苦しんでいるわけですから。
本屋で売っている就職活動対策本には、正直、どうすれば受かるなんて
書いていない。だから、就職活動には本当に苦しみました。でも、そんなとき、
たまたま出会ったこのテキストには、どうすれば受かるかが、
『ズバッ!』と書いてあったんです。そりゃー、驚きでしたよ。
そして、書いてあることを、自分の経験と照らし合わせ、
もう一度うまく形にしていきました。
そしたら・・・・、第一志望に内定できちゃったんです!
本当に、本当に、お世話になりました。
将来、バリバリ稼ぐ人になります!ありがとうございました。

『大手企業4 社から内定GET!』

神奈川大学 4 年 R子さん

面接って、○○を言う場所なんですよね。
初めは、全然気がつきませんでした(TOT)
初めは、大学時代にやってきたことを、他の学生に負けないように、アピールしてばかり。
「~なことや、××なことをやってきました!!すごいですよね!!」という感じで。
そもそも、面接は、○○を言う場所なんだって気がつかない限り、
いくら自己分析をしても、業界研究をしても、無駄だと思います・・・。
このテキストに気付かされました。
このテキストによって、勝ち取れた大手企業からの4 社の内定。
じっくり選んで、一番行きたいところに決めさせて頂きます★
は~、内定辞退が怖いですよ~(笑)

『一緒に頑張った仲間と、第一志望内定!』

現食品メーカー勤務 M美さん

就職活動マスターズスクールのセミナーで知り合ったTさんと
一緒に転職活動を頑張ってきました。すごく仲良しになれて、
いつも「絶対一緒に内定しよう!」と励まし合ってやってきました。
先に第一志望の内定を勝ち取ったのは、Tさん。
「人事から内定の電話が来たよ!」と言われた瞬間、
口では「すごい!おめでとう!やった!」と言いましたが、
内心は不安と焦りがピークに達しました・・・。しかし、冷静に進めなければ
いけないのが現実。私は、就職活動完全マニュアルを今一度読み返し、
自分の面接内容が問題ないか、何度も確認をしました。
そして、迎えた第一志望の最終面接。自分でも信じられないくらい
冷静に話をすることができ、なんと、面接後、その場で人事に握手を
もらえたのです。「やったよ、私も内定したよ!」その友達に報告すると、
「よかった!M美!・・・。」と涙を流してくれました。
就職活動完全マニュアルは、就職活動を進めていく上で、絶対に必要なテキスト。
内容は、本当に充実しています。しかし、私は、それよりも、就職活動マスターズ
スクールで出会えたTさんと頑張れたことが、かけがえのない思い出ですね★
誰かと一緒に頑張るって、就職活動においては、大事なことだと思います。

『高い!?けど、買ったからこそ、内定できたのだと、心から思います。』

現化粧品メーカー勤務 Yさん

僕は、本当に貧乏だったので、1980 円でさえ正直高い、と思っていました。
そこで、「これどう思う?」と就職活動マスターズスクールのサイトを実の兄に
見せたところ、「んー、わからないが、もしかしたら役に立つかもしれないな。」
と答えました。会社で活躍する兄の言葉を信じ、私は思い切って
テキストを購入しました。そして、読んでいく内に、このテキストは
本屋で売っているものと、少し違うということに気がついたんです。
就職活動は、具体的にどう進めていけばいいのか。
面接とは、何を話すところなのか。自己分析とは、どのようにしてやるのか。
業界研究って、何を調べればいいのか。など、
私たち転職者が「知りたいこと」を載せてくれていたんです。
兄に見せると、「これ、すごいじゃん!俺も転職活動のとき見たい!貸してくれ!」
と言いました。私は、このテキスト1 冊と、就職活動本の1 冊に絞り、
就職活動を進めました。結果として、第一志望を含む、5 社から内定。
私の使った1980円は、将来、何百倍、何千倍になって返ってくることでしょう。
終わってみれば、「1980円は高い」と思っていた自分が少し恥ずかしいです。
あのとき、兄を信じて決断して良かった。本当にありがとうございました。

『日本の教育を変えるかもしれない。』

株式会社ドリームメイト 代表取締役 川村浩太

この本は、もしかしたら、日本の教育を大きく変えるかもしれません。
ちょっとおおげさですが、それくらい、良質なものです。
どんなことを言えば、面接という場を攻略できるのか、
人事の心を動かすことができるのか、
そんな就職活動の
本質的なところに焦点をあて、学生・転職者が本当に知りたい情報を
載せている。正直、そういう本は少ないのです。
絶対、人気が爆発すると思います。良いものは、皆が支持しますから。
私は、推薦しますよ。このテキストをご購入されることを。

追伸:

みなさん、よく学生に「社会人はつまんねーよ。学生の内に遊んでおきな・・・。」
なんて言う社会人いますよね。

私、そういうヤツ、大嫌いです。

朝は眠そうに会社にいき、お昼休みはパチンコ、
午後は暇を見つけてネットサーフィン、仕事帰りは飲みにも行かず
家でテレビを見て、早々寝る・・・。おそらく、そんな生活を永遠繰り返し、
自分で、わざわざつまらなくしているのだと思います。

1日の内の大半は、仕事です。
その仕事場がつまらなかったら、人生がつまらないのと、全く同じことです。

はっきり言って、社会人って、めちゃくちゃ面白いです!
収入は安定して今まで手にできなかったものが買えるし、
今まで出会えなかったように人に出会えるし、
成長も2倍速・4倍速だから、異性・同姓から好かれることが多くなります。

でも、それって、もしかしたら、行く会社によっても、違うのかもしれませんね。
だからこそ、直感でも、聞いた話でも、何でも、自分が「行きたい!」と
思える会社に行くことは、とても大事なことです。

学生諸君。転職者諸君。

行きたい会社に行こう。

あなたの心が、本当に行きたいと思える会社に行こう。

そうすれば、人生がもっともっと面白くなるから。

もっともっと幸せになれるから。

輝く未来が、あなたを待っているから。

絶対、勝ち取ろう。内定を。

就職活動完全攻略マニュアル、ぜひ、ご購入下さい。

わからないことがあれば、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

11月9日~11月30日にご購入された方は、

お申込みはコチラ ※ダウンロード版 98ページ

で販売致します。